自宅からなかなか離れることができない人に人気の高いお仕事が、内職です。 ただ、内職っていうとあまり収入が良くないイメージがあると思いますが、実際のところ稼ぐことができるのでしょうか? 内職で稼げるのかどうかは、内職の種類とその人の技術や作業時間によっても異なります。 内職は基本的に時給ではなく、出来高なので、ただ長く作業を行えば良いというわけではないのです。 いくら作業時間が長くても、作業が進んでいないと収入が少ないです。 そのため、器用な人の場合だと短時間である程度のお金を得ることができますが、不器用な人の場合だと長時間やってもなかなか収入に繋がらない場合もあるかもしれません。 内職で稼ぐためには、自分に合ったものを選ぶというのがポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)になるでしょう。 一般的に稼げるといわれている内職は、以下のようなといわれているんですね。 ・モーニングコールサービス ・データ入力 ・テープ(塗装をする時に使うと、はみ出さずに上手に塗れます)起こし モーニングコールサービスとは、依頼主を電話で起こすという仕事で、一件につき100円程度の収入になります。 データ入力は、アンケート結果などをワードやエクセルに入力する仕事で、単価は依頼業者によって異なりますが、一般的に1文字いかにという計算になっているようです。 テープ起こしとは、録音されている音声を文字に起こす仕事で、1時間のテープだと3000円くらいというのが相場であると言われていますー